怖い話体験談

怖い話体験談をアップしていきます

2014年08月

実際に体験した心霊現象、怖い話など体験談を綴っています。

鉄道オタクの背後霊

私が関西の大学に入学して、数週間が経った時の話しです。
親元を離れた生活にも少しずつ慣れてきて、仲の良い友達が出来て、
毎日、楽しい新生活をおくっていました。

何日かした頃に、体調を崩して喘息の様な症状に見舞われました。
その話しを友達に話している時に、友達の一人に腕を見せてと言われました。
半信半疑でしたが、私はシャツの袖をめくって友達に腕を見せました。
友達は腕を見るなり、
「やっぱり…。」
と言って何かを考えていました。
続きを読む

わざわいがふってくる

これは私が小学生6年生の時の話です。
その時私は京都で母と二人で2階建ての集合住宅に住んでいました。
その建物は少し変わっていて、
一つの住宅が一軒家のように階段があって2階建てなのですが、
ベランダはつながっていて、長屋のような感じの住宅でした。
家の作りも1件1件違ってはいますが、すべての家がベランダでつながっているのです。
いつも学校から帰ると私は、首元にぶら下げている鍵を使って部屋に入る、いわゆる『鍵っ子』でした。
もちろん家に帰っても母親は仕事に出ているため誰もいません。続きを読む

懐かしいおじいちゃんの事

当時、高校生だった私はまだ実家に住んでいました。
うちの実家は古い建物で、木造の二階建てです。
階段をのぼると床がきしみ、ギッギッという音がします。

おじいちゃんが亡くなってからしばらくした時の話です。
続きを読む

祖母と行った旅館で体験した心霊現象

中学生の頃は毎年のように祖母と旅行に行っていた自分がいます。そこでは様々な旅館に泊まったので思い出も多いです。しかし、自分が15歳くらいの頃には良くない思い出もありました。それが恐怖の心霊現象に関する嫌なものです。当時はまだ頭の回転も良くなかったので、状況を理解するのには時間が必要でした。
私は秋頃に遠くの旅館まで行くことになりました。そこには当然のように祖母がいました。祖母は様々な旅館を知っていたので常に従っている感じでした。そして、旅行に行く時になると車で出発しました。車の旅は順調に進んでその日の夕方には旅館に到着しました。私はその旅館を見て非常に古いことに気付きました。外見は何度も改修された跡があり、何世紀も前のような雰囲気がしました。祖母は歴史のある旅館の雰囲気に満足そうな表情でした。
続きを読む

小さな男の子

ちょうど一年ほど前の話になります。当時、私はアパートで彼氏と同棲していました。小さい頃から霊感が強かった私とは裏腹に、幽霊とは無縁な生活を送ってきた彼氏ですが、一緒に住むようになってから少しずつ何かを感じるようになっていたそうです。私はその時、賃貸物件の清掃会社に勤めていました。一日に何件ものアパートを回り、色んな部屋を出入りしているせいか、幽霊を自分のアパートに連れて帰ることも日常茶飯事になっていて、体調を崩したり、精神的に不安定になることがたびたびありました。彼氏も仕事柄、病院を出入りするので、部屋に入院着を着た人がいることも珍しくありませんでした。続きを読む

猫の幽霊

ちょうど10年前の話です。
10年前、我が家には1匹の猫がいました。
メスの三毛猫で、赤川次郎の小説から名前をとって三毛猫ホームズという名前でした。
ホームズは毛並がとても美しく、自分でもそれを知っているかのような気位の高い女王様タイプの猫でした。
気が強いので私たち家族はみんな、ひっかかれたり、かまれたりしていました。
私とホームズは幼い頃から一緒に育ったせいか、まるで姉妹のような感覚でした。
冬の夜には必ず同じ布団で眠っていました。
続きを読む

なくなった叔母のお葬式での体験

私は小学生低学年のころまで、知らない人が自分の家の玄関にいたり、遊んでいた公園で遊具のそばに見知らぬ人が立っていると怖くなってすぐ母に教えました。母は何度も気のせいだから気にしないでというので気のせいだと自分に言い聞かせていました。次第に、そんな体験をしていたことも忘れ大人になりました。
結婚し、子供を授かることができました。子育てしているうちに、ふと自分の幼少期に体験した見えない人たちの存在を深く考えるようになりました。
それは、私をわが子のように可愛がってくれた叔母の死と直面した時でした。叔母は独身で一人暮らしをしていました。亡くなる数日前に、私の母の誕生日会に来て大変喜んで帰っていきました。それから数日後、病気で亡くなったとの連絡が入りました。元気な姿を駅まで見送ったので、私は実感がなくその日はただ泣くばかりでした。
続きを読む

不思議な体験

私は4年ほど前に不思議な体験をしました。
その時まで霊が見えたりすることもないし、心霊体験もしたことがなかったのでそういうものを信じてもいませんでした。
その時の話をしたいと思います。5年前に私はとある会社でパートとして働くことになりました。そこの経営者の人に気に入られてとても可愛がってもらっていました。私がお金に困っているのを知っていたからお客さんに頂き物をすると真っ先に私にくれたりしていました。しかし、私が働き出して半年経った頃からその人は家庭で問題がいろいろ起きてとても悩んでいました。ボーっとしていたりいきなり怒り出したりと少し情緒不安定なこともありました。ちょっと最近おかしいよねと従業員の間でも噂になっていました。ですが、本人にはなにも聞けないのでみんなそっと見ているだけにしていました。
続きを読む