怖い話体験談

怖い話体験談をアップしていきます

2014年04月

実際に体験した心霊現象、怖い話など体験談を綴っています。

図書室の奥の方の机に座っている男の人

今から30年ほど前の小学校6年生の夏の事です。当時は心霊番組が流行っていたこともあって私の通っていた学校にもいろいろな噂がありました。
トイレから手が出てくるとか今にして思うとよくある噂ばかりだったのですが、当時は面白半分に怖がってきゃあきゃあ言っていましたが、そのうちに噂の1つの誰もいない音楽室からピアノの音が聞こえてくるというのを確認しに行こうという事になりました。
続きを読む

初めての一人暮らし

あれは、私が大学二年生の頃でした。
実家から実家から出て勉強に専念したいとアパートに一人暮らしを始めた頃
トイレの前に大きな鏡があり、それを覗いていた時の事です。
私は髭剃りの為に鏡を見ていたら、別の人物が重なり合うように写っていたので
「疲れているんだろうか?」と独り言を呟いてその時は気にしませんでした。
ところが数日経った頃に金縛りと怖い夢を見るようになりました。
髪の長い女性と明治か大正時代に良く見られる作業系の男性が出てきます。
何かを訴えているのですが、声もせず聴き取れません。
そんな事が数ヶ月続いて、一人暮らしにも慣れた頃
とうとう事件が起こりました。

続きを読む

公園にまつわる事件と怪奇現象

私は去年の8月まで大阪市Y区にあるマンションに住んでいたのですが、そこでとても恐ろしい体験をしました。
 そのマンションの前には、やや大きい児童公園がありました。その公園を横切ると地下鉄の駅まで近道だったので、私はいつも公園内を抜け道のように使ってました。ほぼ毎日、2年間その公園を通り抜けしてましたが、怖い体験など一度もありませんでした。
 それが、お盆休みが始まっても実家に帰らず、大阪のマンションでだらだら過ごしていた8月中頃なのですが、連日梅田の歓楽街に出かけては、飲み歩いてました。
続きを読む

トンネルの向こうで山全体がセピア色に見えた

今から8年ほど前です。
私は、飲食店の配達を担当していました。
運転は苦手でしたが、その時の店舗勤務者に免許を持った人がおらず
仕方なしに少し離れた公園までお弁当を届けることになりました。

お弁当の準備が整い、車の荷台に積み込みました。
「11:45までに届けます」と確認をし、車に乗り込みました。
その公園は、店舗のある都市部から山を二つ超えたところにあり
夜は人がきわめて少なくなり、明かりもあんまりないような道を超えていかねばなりません。
途中に造船所があるのですが、それを超えたもっと田舎にあります。
つまり、都市部には場所がないため、人里離れた場所に造られた、広い運動公園です。

私は、順調に車を運転していました。
この分だと、15分前には到着だわと鼻歌まじりで車を走らせました。続きを読む