私が中学生の頃です。その年の夏休みが終わってから、林間学校的な自然教室体験合宿が3泊4日間行われました。場所は九州のとある山間地です。

当時、私は、まだ幼かったこともあり、物事の認識があまりできませんでした。宿泊当日は、一学年全員。一クラスクルーごとにバスに分かれて学校から直接現 地に向かいました。バスの中には、ガイドが一人常駐しており多少の観光案内のようなお話もありました。
現地宿泊場所は、隣県だったので、それほど時間はか かりませんでした。私は、バスに乗りながら自然と眠りについてしまいました。そしてどのくらい時間が経ったかは分かりません。

眠りについているから、普通 に目は閉じています。視界は真っ暗のなかその先の奥に何かが見えました。それはゆっくりと近づいてきました。しだいに辺りが真っ暗な空間のような場所に様 変わりしました。私の体は何故か微動すらしませんでした。そして接近して見えたものは、人の右片腕でした。

私は、状況がよく分からずにただ茫然としていた と記憶しています。その物体は人の腕であることに変わりありませんが、そこには、全身や人体が全く見えませんでした。目と鼻の先まで腕が近づくと私は、身 動きすらできない状態のなか目を覚ましました。

そこはバスの中で、外の景色は山間地の中心をバスが走っていました。現地まであと30分ですとバスガイドさ んからアナウンスが告げられました。
周りは、山に囲まれています。

私は、変な胸騒ぎに襲われました。これは何か変な感じがするなと。それはある場所を通り かかった時のことです。宿泊地から少し離れた場所に古い中ぐらいのダムがありました。

当時私が、住んでいた地域や周辺近隣他県で数か月近く雨が降らなかっ た事もありダムの貯水率が下がり続け貯水池に水がないことがありました。この宿泊地の近いダムもそうだったかはよく知りませんが。

貯水池の近くをバスで走 行中、かなり古いダムだったせいか古い廃屋のような家の屋根が貯水池の水が減少しているなかで、浮かんでいるのが見えました。

それから後ですが、そのダム の向かい側にいくつかの家か何かの資材置き場が見えるとそこに異様な人影が複数見えてきました。古い制服のような恰好をした老人と青年男女や子供のような 顔をした集団がこの走行中のバスに向かって手を振っているのが見えました。

不思議なのは、私以外バスの車内にいた人達に全く反応がなかった事です。視界は バスの中だけでなく外にもあったのに、それから現地に到着してから、行事予定通りに進み最終日の夜の出来事です。

夕方のオリエンテーションが、宿泊先のホ テルの外で開催されました。内容は大集団での大型キャンプといったような感じです。一クラスを代表してのレクレーションが始まりました。

演劇 合唱  ダンスを披露していたと思います。

私は内心楽しむという訳でもなくただ見物していました。山頂に近い場所でもあったせいか次第に風が強くなりました。 ビュービューと吹く風はそれほど寒くはありませんでしたが、その隙間から不可解な声が、私の耳元に反響しました。レクレーションの時間が経つにつれて声は 次第に大きくなり始めてきました。

複数の声が同時に古い民謡のような音調で(あーあーいーいーまーまーまーいーいーあーあー)と叫ぶように聞こえてくるの ですが、周囲の人間は誰も気付いていないような感じでした。その歌声のような叫びはレクレーションが終わるまで続き終了の挨拶が終わると同時に鳴り止みま した。

そのあとは、各自グループに分かれて翌日の朝が最終日ということもあり帰りの準備支度をしながら、就寝しました。翌朝帰宅のさいに私のいたグループ が、全員、荷物を揃えて帰宅しようとバスに乗る前のさいに私が使った部屋の最終チェックをすることになりました。

戸締り確認 忘れ物がないかそんなところです。最後に電気を消して部屋を出る際に突然金縛りにあうかのように体が動かなくなりました。突然ガチャンという音が聞こえて きて、後ろを振り返るも顔を動かせません。

確か午前10時くらいだったと思います。部屋に一台のテレビが、設置されておりコンセントは抜かれていました。

電源が入り始め画面の映らない雑音が私の視界に映りました。その瞬間画面が変わり私がいた部屋と私の姿がテレビに映っていました。そして私の背後には、最 初にダムの向かい側で見た異様な人影が全員画面の背後に映し出されたのです。

体が一瞬だけ楽になり後ろを振り向くと目の前の集団は、一斉に私を覆い尽くし て私は、その場にうずくまりました。そして、何かに追われたかのように、目を覚ますとそこは帰りのバスの車内のなかでした。

その間の記憶はありませんでした。
今でもあの体験は何だったのかよく分かりません。