私が関西の大学に入学して、数週間が経った時の話しです。
親元を離れた生活にも少しずつ慣れてきて、仲の良い友達が出来て、
毎日、楽しい新生活をおくっていました。

何日かした頃に、体調を崩して喘息の様な症状に見舞われました。
その話しを友達に話している時に、友達の一人に腕を見せてと言われました。
半信半疑でしたが、私はシャツの袖をめくって友達に腕を見せました。
友達は腕を見るなり、
「やっぱり…。」
と言って何かを考えていました。

「私の腕がどうしたの?」
「あぁ、この腕の関節の近くにしわみたいなのがあるでしょ?
それがある人は結構な確率で霊感があるよ。」

私に霊感?今までに幽霊を見たことも無いし、むしろお化け屋敷でさえ怖くて
関わりたくないそんざいなのに、そんな事があるのかな、と思いました。
しかし、今考えるとあれは心霊体験になるのかと思って、友達に話しました。

一つは私が中学生の時、夢の中で金縛りのような事が起きました。
私の上には何が乗っていて、身動きが取れない状態でした。
パッと部屋の時計を見た時には深夜2時だったのを覚えています。
金縛りが無くなり、ハッと目を覚まし時計を見ると
私が先ほど見た時間と同じでした。
何か心がもやもやした状態で、次の日、癌の治療中の親戚のおじさんの家に行きました。
おじさんも来てくれてありがとうと言って、また次の日に来る約束をしました。
その2時間後、おじさんの様子が急変して亡くなってしまいました。
もしかして、私に何が悪いものが憑いていて、おじさんをあの世に連れて行ってしまったのではないかと、
誰にも言えず、ずっと心の奥底にしまい込んでいた話しを友達にしました。

友達は大丈夫だから、と行って授業に行ってしまいました。

私も学校が終わり、自宅に帰るとまた喘息が酷くなる。
その時、携帯電話が鳴りました。友達からでした。
「今からお母さんに代わるから。」
いきなり言われてもちんぷんかんぷんで、とりあえずはいと答えました。

「Aちゃん、怖かったね…もう大丈夫だから!
おばさんにAちゃんの名前と生年月日を教えてもらいたいの。」

不思議な事に、おばさんは名前と生年月日が分かれば
私に“憑いているもの”が見えると言いました。
おまけに住んでいる土地から、部屋の間取りまで
全ておばさんには見える様です。

「Aちゃん、最近肺とか苦しくなかった?」
「苦しくて、喘息も起きてます。」
「Aちゃん、怖がらないでね、今あなたの体には
肺炎で亡くなった男の人が憑いているの。
その人が、Aちゃんに憑いていると、Aちゃんは
そのうち肺炎で亡くなるかもしれない…
だから、すぐに出て行ってもらいましょう!」

私の体調が悪くて、喘息の様な苦しい発作はそれが原因みたいです。
今すぐにも出て行ってもらいたい!どうしたら良いのか聞きました。

「出て行っても、あなたの部屋にはあと7人の霊がいるの。
中には害も無い奴もいるけど、Aちゃんに悪さするやつもいるから。」

まさか、たった一回しか金縛りを経験した事がない私が
霊を集めやすい体質だとは、思いもしませんでした。

「おばさんの家に来なさい、結界が張ってあるから
そうしたら出て行ってくれるわ!
玄関の窓とその対角線上にある窓を開けてみて、
そうしたら、もう大丈夫。」

おばさんにお礼を言ってたら、最後におばさんが
「Aちゃんの声が男の人だから、今度家に来た時は
可愛い声でお話しましょ。」

おばさんの携帯電話からは私の声ではなく、憑いている人の声で
話しをしていたみたいです。

次の日、言われた通りに窓を開けると
すっと何かが出て行く様な気がしました。
それからは苦しくもなく、体調も良くなり
心霊体験もなくなりました。

しかし、私の体は憑かれやすい、それだけは忘れないように…